講師を捜す

ホーム > 講師を探す > 長崎 宏子
長崎 宏子
講師名
長崎 宏子 (ながさき ひろこ)

肩書き

スポーツコンサルタント/有限会社 ゲンキなアトリエ取締役/秋田県立総合プール名誉館長



プロフィール

1968年、秋田市生まれ。12歳で水泳界に彗星のように登場。またたく間に平泳ぎ日本一となり、
小学生で初の五輪代表(1980年、幻のモスクワ五輪)となる。1984年ロス五輪では、平泳ぎ100m6位、200m4位とともに入賞。

1985年から7年間米国留学。1988年には三度目の五輪(ソウル)代表となる。日本オリンピック委員会勤務を経て、
1995年、スポーツコンサルティング会社「ゲンキなアトリエ」の設立に参画。同社取締役に就任。

トップスイマーとしての経験、日本人初の国際オリンピック委員会選手委員としての業績を活かし、スポーツコンサルタントとして活動、
水泳教室「SWIM TO SMILE!」をはじめ、講演会「HIROKO TALK」を求めに応じて開催し、より多くの人々にスポーツの楽しさを伝えている。

また、「スポーツ子育て」「スポーツ英会話」などスポーツを利用した教育を提案、1995年停戦直前のサラエボで子供のための
スポーツ大会を開き、1996年にはサラエボの子供たちを日本に招くなど、スポーツによる社会貢献プロジェクトにも取り組んできた。

1998年10月から「長崎宏子のベビーアクアティクス」を開校。自ら主宰する0歳からの水泳教室が「子育てスイミング」として盛況。
これまでに3000組を超える乳幼児とその父母に笑顔溢れるアクアスペースを提供している。

2001年春竣工した秋田県立総合プールの名誉館長に就任。直接指導を含むアドバイザリーサポートにより、 プールの有効活用に
献身している。ライフワークとして追求している「水と人とのふれあい」の大切さを伝えるために、講演活動にも積極的に取り組んでいる。
 


講演・セミナーのタイトルと内容

【長崎宏子のガンバリ人生 ~オリンピックからのメッセージ~】
トップスイマーとしての栄光と挫折、そして復活の半生。泳ぎ続けた長崎が得たものは何か?そこには母の無償の愛があった。

その他タイトル

【笑顔で生きるために ~泳いだ先にあるもの~】
【健康と美は水の中に ~水が私に教えてくれたもの~】
【私の子育て論 ~赤ちゃんと水の中で~】
【長崎宏子のガンバリ人生 ~オリンピックからのメッセージ~】
【長崎宏子 水泳教室】

著書・著作

『長崎宏子 水泳入門』(岩崎書店/2000年4月)
『こころをつなぐ子育てスイミングのすすめ』(PHP研究所/2002年7月)
『ゆっくり泳げばうまくなる~きれいにクロール』※監修(新星出版社/2004年8月)  ほか


講師への依頼、講演依頼についてのお問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ
    072-802-3800
FAX/072-802-3801(FAX相談シート)
    FAX/072-802-3801(FAX相談シート)
  • WEBでのお問い合わせ
    お問い合わせフォーム

ページトップへ