講師を捜す

ホーム > 講師を探す > 見城 美枝子
見城 美枝子
講師名
見城 美枝子 (けんじょう みえこ)

肩書き

青森大学教授/エッセイスト・ジャーナリスト



プロフィール

1946年群馬県生まれ。早稲田大学大学院理工学部研究科修士修了。TBSアナウンサーを経てフリーに。海外取材を含め53カ国以上を訪問。日本人ばなれした国際感覚を見につける。現在、青森大学社会学部教授として、建築社会学、環境保護論等を講義。著作、対談、講演、テレビで活躍。国際交流、子育て、環境等、テーマは幅広い。

【経  歴】
●早稲田時代は建築を研究
●TBS時代は美人アナとして絶大な人気を誇った。進藤晶子・雨宮塔子らの大先輩
●TBSを退社し、フリーになる。旺盛な好奇心を発揮した体当たりの取材で高い評価を得る
●現在、青森大学で教鞭をとるかたわら、財団法人尾瀬保護財団理事・給水工事技術振興財団理事・公共建築賞審査委員会委員・文部科学省中央教育審議会委員をつとめる。
●なくなった小渕恵三第84代内閣総理大臣とは同郷で同じ早稲田出身、しかも小渕は郵政族だったこともあり関係が深かった。小渕優子は衆議院議員になるまでTBSに勤務していたので、見城は先輩になる
●主な著書に、「25時のテイクオフ」「見城美枝子の本音で!リフォーム奮闘記」などがある
 


講演・セミナーのタイトルと内容

【暮らしの中から見た環境問題】
「環境は共有財産です。水、空気、食料、エネルギー。これらがなくなると未来どころが目の前の生活すらままなりません。
しかし現実には環境問題として様々な汚染、枯渇、絶滅などが私達の現在と未来を取り巻いています。」
環境問題に対しての対策、「暮らしの中から見た環境問題」について考えていく講演です。

その他タイトル

【生涯学習~私の挑戦】
【人と自然の豊かな関係】
【親と子のパートナーシップ】

講師への依頼、講演依頼についてのお問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ
    072-802-3800
FAX/072-802-3801(FAX相談シート)
    FAX/072-802-3801(FAX相談シート)
  • WEBでのお問い合わせ
    お問い合わせフォーム

ページトップへ