講師を捜す

ホーム > 講師を探す > 立川 俊之
立川 俊之
講師名
立川 俊之 (たちかわ としゆき)

肩書き

ミュージシャン/元・大事MANブラザーズバンド



プロフィール

1991年大事MANブラザーズバンドのヴォーカルとしてデビュー。
3rdシングル「それが大事」の実売実績が歴代4位の大ヒットを記録する。


1996年、大事MANブラザーズバンド 解散後は、楽曲の提供、音源制作、ラジオ番組等、様々なジャンルで活躍。

2011年にはデビュー20周年(執念)を記念したアルバム「Restart From The Basic」をリリースし、東京、大阪、名古屋で
ライブツアーを開催する。

2012年にソロアルバム第2弾「I'm The One」、2013年には「No Meaningful Life」をリリース。
8月14日づけの有線放送インディーズチャートでリードソング「Minor Gene」が、2位を獲得する。

同年、女優・ヴィッキー・チャオ初監督作品の中国映画『So young~過ぎ去りし青春に捧ぐ~ 』にて、「それが大事」の
北京語カバー曲「紅日」が使用され、上映イベントへのオファーを受ける。
映画は2013年4月より中国全土で公開、大ヒットを記録。 (日本では2014年9月より全国で公開)

2014年 6月より、スティング、ビリージョエルなどのカバーを中心とした ライブをスタート。
ソロワークでのライブ活動に加え、イベントへのゲスト出演や トーク&ライブ等、活動の場を広げている。

 


講演・セミナーのタイトルと内容

「で、何が大事?~人生が楽になるバカの訓辞」
91年の大ヒット曲「それが大事」、自身が作詞作曲した楽曲を振り返りながら、
曲ができた経緯やヒット後の苦悩、バンド解散からの現在までの道のりについて語ります。
また、音楽、映画、文学といったカルチャートークやコミュニケーション、モチベーションに
ついて等、独特のニヒリズムからなる辛口かつユーモアあふれる語り口で展開。
楽しく聞きやすい講演会・トークショーとなります。

「で、何が大事?」
最もらしい人が、最もらしいことを言うけれど、それが実際に?最も?かどうかは分からない。
人生においては、時として懐疑的になることや、穿った見方も必要だ。
例え、誰かの最もな意見であれ、無防備に鵜呑みにするのではなく、自分の思考や感性や経験値を信じて、
自分だけの力で、あらゆる側面から多角的に熟慮熟考を重ねることも大事。
そして、その上に何より大切な自分の?経験?を加味した上で生きていけば自ずと自分にとっては
何が大事な物で、誰が大事な人で、どれが大事なことか少しずつ分かっていくはず。
何が大事か?とは、それ自体を考えることである。
すなわち、自分にとって何が大事なのかを常に考えながら生きていくことこそが、大事なのではないか。

◎モチベーション
人生とは選択の繰り返し。だからこそ正しいか、間違っているかということとは別として、
やる気があるのか、ないのか、自問自答することが大切。
やりたいのか、やりたくないのか、それを人に対してではなく、自分の中で見出せばやるべきことが見えてくるはず。

◎コミュニケーション
世代、性別、職種、肩書といったあらゆる立場の違いから生まれるギャップ。
それは、相手に合わせようとすることから生じてくる。
本音を自分の目線で伝えることから、見えてくる関係性があるを信じている。

講師への依頼、講演依頼についてのお問い合わせ

  • 電話でのお問い合わせ
    072-802-3800
FAX/072-802-3801(FAX相談シート)
    FAX/072-802-3801(FAX相談シート)
  • WEBでのお問い合わせ
    お問い合わせフォーム

ページトップへ